スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春がくるよー

先月の28日、素敵なパーティーの料理を担当させて頂きました。

今回の主催は「+1」さん。(http://ameblo.jp/plus1-party/page-1.html#main)
明るくて気が利く彼と、可愛くてしっかりものの彼女。
素敵なご夫婦のチームワークは抜群。
みんなに楽しんでほしいという気持ちが、じんわり、でもびんびん伝わってきました。

パーティーでの時間や新しい出逢いを楽しむだけじゃなく、
ぜひ、それまでの日々も楽しんでほしい。
ちょっとだけ違う髪型にしようなんて思ったり、春らしい服を着たくなったり。

という二人の言葉を受け止め、今回はこんなメニューにしました。
私的なテーマは「もうすぐ春だねー」です。
あと、シンプルだけどなんだかスパイスが効いている。香りや色や味に。


<ディップ>

・シメジとエノキ
・タコのトマト煮

<お肉>

・鶏肉の木の芽ソース焼き

<ぱん/ごはん>

・二種のキッシュ
  - 人参+玉葱+さつまいも+アボカド (トッピングにプチトマト)
- 白葱+キャベツ+筍        (トッピングにアスパラガス)

<デザート>

・焼きメレンゲ(苺+ミント+ヘーゼルナッツ)


木の芽のソースで、さわやかな香りと芽吹きの色合いを。
キッシュでは、卵液はさっぱり味で少なめにして、野菜の味がするように。野菜がゴロゴロ飛び出すように。
野菜が土の中から育っていくような、力強いキッシュを目指しました。

中でも、一番のお薦めは、「タコのトマト煮」。
この料理には、アリッサ(HARISSA)というチュニジアの調味料を使いました。
唐辛子、にんにく、3種のスパイスをすり鉢ですりすりすりすり.....
さらに隠し味に炒め玉葱とすりおろし林檎。
これが、アジアでもヨーロッパでも南米でもない辛さなのかと、味見をしては勝手にしみじみ。
にくい調味料だなー。まさにシンプルかつスパイスのきいた料理となりました。

全部の写真は撮れなかったのですが、2点ほど。
①理路整然とぎゅうぎゅうに並べられたキッシュ
②アリッサになる前

全部で80個のキッシュを前に、気分はキッシュ屋でした。


いろいろ考えたり調べたり、本当に面白かったなー。
産み出すまでは苦しいけれど、ピタッとはまったあの瞬間はなんともいえない。
ちょっとその場で小躍りして、一人ニヤニヤ。
まさに、フリスクのCMで廊下を走る彼の気持ち。(最近あのCM見ませんが)

最後に、
お二人を始め、当日はもちろんそれまでに手伝ってくれた方々、本当にありがとうございました。


kisch.jpg

spice.jpg

スポンサーサイト

しこみ2

仕込み第二弾は、「ぬか漬け」です。

人生初の糠床づくり。
想像していたよりも臭わず。
まだまだこれからのようです。


さ、何つけようかな。





かこめかこめ

今更ですが。

1月30日に行われたtalk sessionで作った料理の写真です。

ピクチャ 6

ピクチャ 7

ピクチャ 8

ピクチャ 4

ピクチャ 9



この時の裏テーマは、「みんなで囲む焚き火」です。

毎回、メインテーマとは別に自分なりの裏テーマに沿って料理を考えています。
開催場所のfooさんが木で囲まれた温かい印象ということ。
「対話」のイベント、ということ。
その二つとその他もろもろの雑念と。

「冬の寒い中、みんなで焚き火を囲みながら、ご飯と飲み物片手にお話する」
そんなイメージがふっと浮かびました。

冬だし、焚き火だし、暖まってもらいたいし、やっぱり「スープ」は出したいな。
片手で食べれるものにしないとなー。
甘いものはほしいな。素朴なものがいいな。
あとは、旬の野菜。色は白にこだわろうかなー。
なんて。何より、皆さんの対話が弾む手助けをしたい!

諸先輩方からアイディアも頂きました。

そんなこんなで、料理の構想が完成。
その後は味見オンパレードです。

そして最後は、みなさんのお口に。嬉しかったです。
料理と人とが交わった時間でした。

これからも、そんな時間を一緒に創り出すために、
いろんなものを見て聴いて触って過ごしたいと思います。


< メニューリスト >

ごはんもの

* レンコンと小かぶ (シャキシャキレンコン)
* れんこんと鶏だんご (ほくほくれんこん)

* 長芋のスープ

* おにぎり (あさりの出汁で炊いたもの)

おやつ

* カステラキャッスル
* インド風メレンゲ (しょうが+カルダモン+シナモンのペースト入り)





西南西

ピクチャ 1


今年の恵方は、西南西らしいですね。

今晩は、のり巻きを丸かぶりしました。
風邪による、唇の端っこ切れかかり症状を気にしつつ
願い事を頭で考えながら (全部唱える前に食欲に負けました)

がぶりっ

がぶりって食べるのはいいものです。
ホットドックとか、おむすびとか、原始時代の肉とか、
「がぶり」が似合う食べ物はたまらないな。

ただ、「がぶり」は一人より大勢がいいものです。
がぶり出来る食べ物持ち寄って、みんなでがぶり。
想像しただけで、にやにやしちゃうなー。

がぶりフードは、作る時も豪快に。
のり巻きの具は、味付け人参とごま和えほうれん草とあなごと卵。
溢れ出るくらいに詰め込み、こぼれ出ないようにしっかり巻いて。

この豪快さと好き勝手さが、手作りの醍醐味。

さて、次はどんな「がぶりっ」を楽しもうかな。


ピクチャ 3




土曜のアイツ

急に寒くなりました。
そして風邪ぶり返しました。緊張が解けるといつもこんな感じです。
大分ましですが。

先週の土曜日にfooさんにて行われた「Talk Session No.2」にて、
料理担当としてお手伝いさせて頂きました。

トークセッションのテーマは、「独創性」

自分なりに考えていたものの、言葉にするとどれも陳腐で安易なものになってしまう気がします。何より、言葉にするのが難しい。
ただ、このテーマ、料理を作る上でも、自分の人生を創り上げていく上でも、
何かしら付随してくるもの。

突然ヒョイッと顔を出して、「最近どう?オレのこと忘れてない?」みたいな。
それにどう答えるか。

土曜日の夜。
スピーカーのお三方、そして参加された方々それぞれの対話。
あの日のあの時間をご一緒させてもらったことで、私はまた一つ「実感」するものが増えました。ただの言葉じゃなく、自分の中にすうっと入って来たもの。
知っているだけじゃなくて、実感すること。
そしてそこから動きへと。

参加された皆さん、
こんな機会を本当にありがとうございました。


言葉にするとどれも陳腐で安易なものですが、それはそれで今自分が思う事。
自分史上最古から最新の経験や出会いや知識や想いを通して。
この夜を通して、そしてこれから過ごす日々や出会いを通して、それは変わっていくのだろうなと思います。
そしてそれが楽しみでもあり。


いつかヒョイッと顔を出したアイツに、次はどう答えよう。


料理に関しては、また近々追記します。


土曜の夜の雰囲気や素敵な参加者の皆様はこちらにて ↓ 
http://1st-dialogue.tumblr.com/

今回の主催のお一人である、古本さんが新たに始動しているプロジェクトのプレサイトです。こちらも面白そうなので、是非ご覧下さい。

>古本さん、ブログ紹介して頂き、ありがとうございます。



プロフィール

k.yuka

Author:k.yuka
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。